下駄と草履の違いって?素材の違いから使い分けのポイントまで

日本の伝統的な和装履物といえば、下駄と草履。
他にも雪駄(せった)、草鞋(わらじ)などがありますが、和装の履物であることや、なんとなくどんな形の履物かはわかっていても、実際にどのような違いがあるかはっきり分かっている人は少ないのではないでしょうか?

下駄と草履との違い

まず違いを説明する前に、下駄と草履には共通点があります。

それは「鼻緒(花緒、はなお)」と呼ばれる布製の紐があることです。鼻緒を足の指で挟むことで、履物が脱げないようにします。サンダルも同じようなかんじですね。

同じ鼻緒がついた、似たような見た目をしているこれらの履物ですが、いくつか明確な違いがあります。それぞれみていきましょう。

台の素材の違い

下駄の台の素材は「木」で、主にで作られています。その台に焼き目をつけたり、漆を塗ったり、様々な加工が施され仕上げられます。

一方で草履は主に「革」や「布」で作られています。もともとは「藁」でつくられた草履が履かれていましたが、現在は芯はコルクで、表面が牛皮や合皮で作られているものが多いです。

底面の違い

下駄は一般的に「歯」とよばれる突起が底面についています(歯がない形のものもあります)。歯があることで高さができて隙間が空くため、舗装されていない道での足の保護や、雨天時や水田での作業時の浸水防止に重宝されました。

一方で草履には下駄のような歯はなく、底面はフラットになっていいます。高級なものほど厚みがあるものが多く、ゴム底になっているものはとても歩きやすいです。

使用場面、使い分けの違い

下駄は主に「普段用」の履物と考えましょう。明治時代以降に洋靴が普及してからも、洋服・学生服に下駄を合わせるスタイルはよくみられました。
夏祭りや花火大会などで浴衣を着る際も、草履ではなく下駄を合わせるのが一般的です。

一方で草履は、結婚式や成人式等、着物を着る際に正装を求められるフォーマルな場面で着用することが一般的です。先に解説したように、厚みのあるものであるほどより高級でフォーマルな草履であるとされています。

まとめ:使用用途やシーンで下駄と草履は使い分けよう

おなじような和装の履物である下駄と草履ですが、素材や形状、使用場園に明確な違いがあることをご説明しました。

和装はマナーが厳しいというイメージがあるかもしれません。普段使いする分には自分の足に馴染む使いやすいものを自由に選べばよいですが、大事な場面で赤っ恥をかかないよう最低限の違いはおさえておきましょう。

Back to Top